ネイリストである親戚は私にとって憧れの存在です

Posted On 2015年11月10日|

私の親戚のお姉ちゃんに、ネイリストがいます。以前は美容部員として働いていたそうなのですが、その中でもネイル関連に興味を持ってドラッグストアを退職。思い切ってネイル関係の専門学校へ入学したという猛者です。しかし、好きなことってどんどんと知識を吸収して伸びて行くものなんですね。

親戚は学校を卒業する頃にはネイリストとしての下地を完璧に作り上げ、早々に職場を見つけて修行に励んでいました。実はその頃に親戚とあったのですが、美容部員として働いていた頃よりも一際綺麗になっていましたね。やはりお客さんが美にこだわる方が多いということで、化粧から洋服、立ち居振る舞いまでしっかりと意識をして生活するようになったそうです。そのため、寸分も好きの無い美しさを持つようになったのです。

こうして数年が経過したのち、親戚が家にやってきて「ネイリストとして独立することになったよ」と教えてくれたのです。もうすでに何人かお客さんが付いてきているようで、そこはさすがだなと思いましたね。

とにかく美しさを極めていくネイリストという存在は、私にとっては憧れですね。そしてその中でも、親戚のお姉ちゃんには一層の憧れの感情を持ってしまいます。私もいつかはあんな風になれたらいいなと思っていますね。